MENU

インターネットバンキングで銀行振込(入金)する手順を解説

オンパチサイトにインターネットバンキングで入金する方法

銀行アプリを使ったネットバンキングは非常に便利です。

これに慣れてしまうとわざわざ銀行やATMまでいくのがアホらしくなっちゃいますね。

とはいえ、自分のお金を振り込むわけですから、使い慣れてなくて少し不安という人もいることでしょう。

そこで、この記事ではオンパチサイトで銀行入金の申請をして振込先が表示されたあとの手順について詳細に解説していきます。

初めての人はぜひ参考にしてみてください。

目次

【本題の前にちょっと紹介】

花魁ドリーム打ってみた

フリースピンの対象機種としてもよく見かける『花魁ドリーム』

花魁のお姉さんを脱がしまくれる・・・

色気たっぷりの演出で楽しく稼げると噂の機種を打ってきました!
オンラインスロットが気になっている人はぜひチェックしてくださいね!

インターネットバンキングとは?

インターネットバンキング(またはネットバンキング)は、銀行取引をインターネットを通じておこなうことです。

…といっても説明になっていませんね。

簡単に言えば、パソコンや専用のスマホアプリを使って、その場にいながら銀行の残高照会や振込(送金)ができるサービスです。

基本的には24時間いつでも手続きができて、振込手数料も安いのがメリットです。

銀行によっては『ネットバンキング』ではなく、『〇〇ダイレクト』と呼んでいたりもします。

『ネットバンク』『ネット銀行』というと、実店舗を持たないネット上で作れる銀行口座のことを指します。

それに対して、インターネットバンキングはネット銀行、メガバンク、地方銀行(対応していれば)などすべて含め、ネット上で銀行取引をすることを指します。

インターネットバンキングを利用するには

ネットバンキングを利用するには、まずその銀行の口座を持っていることが大前提です。

銀行口座をすぐに作りたい場合は、やはりネット銀行が便利です。

おすすめのネット銀行

オンパチサイトへの入出金でしか使わないのであれば、どの銀行でも大差はありません。

専用アプリをダウンロードする

メガバンク、都市銀行、地方銀行などの場合、口座を持っているだけではネットバンキングを利用できません。

まずは各銀行が出している専用のスマホアプリをダウンロードしましょう。

三井住友銀行と三菱UFJ銀行のアプリのリンクを置いておきます。

それ以外の銀行アプリも、App StoreやGoogle Playストアで検索すればすぐに見つかるでしょう。

三井住友銀行アプリ
三井住友銀行アプリ
開発元:Sumitomo Mitsui Banking Corporation
無料
posted withアプリーチ
三菱UFJ銀行
三菱UFJ銀行
開発元:MUFG Bank, Ltd.
無料
posted withアプリーチ

アプリをダウンロードしたら、IDや口座番号などを入力してログインできる状態にしておきましょう。

ワンタイムパスワードの有効化

利用する銀行にもよりますが、たいていの場合は【ワンタイムパスワード】を使えるようにしておく必要があります。

ワンタイムパスワードは、振込などを実行する際に必要になる使い捨てのパスワードです。

一定時間で変化し続けるので非常に安全性が高いのが特徴です。

→三井住友銀行のインターネットバンキング
→三菱UFJのインターネットバンキング

インターネットバンキングでの入金方法

利用するサイトで銀行入金の手続きをすると、最終的に振込先の口座が表示されます。

これは、「申請した金額をここに振り込んでね」とサイト側から指定された状態なので、この時点では入金は完了していません。

指定された口座にどうやって自分の銀行口座からネットバンキングで振込(入金)をするのか解説していきます。

今回は、クイーンカジノのこちらの入金先画面を例にやっていくことにしましょう。

今回は三井住友銀行のアプリで解説しますが、基本はどの銀行でも同じです。

クイーンカジノのネットバンキングの入金方法
表示された入金先の例

スマホ1台でやる場合は、オンパチサイトで表示された入金先の口座情報をスクショしておくか、メモっておくと便利です。画面を行ったり来たりすることになるので。

STEP
銀行アプリを起動してログイン

あらかじめダウンロードしておいた銀行アプリを起動し、ログインします。

三井住友の銀行アプリ
STEP
【振込】をタップ

ログインしたら、【振込】または【送金】と書かれたボタンをタップしましょう。

かなり分かりやすい位置にあるはずです。

入金方法02_振り込みボタン
STEP
新規振込先を指定

振込の画面に移動したら、【新規に振込先を指定】を選びましょう。

同じサイトに入金する場合であっても指定される入金先の口座が異なることはよくありますので、毎回確認しながら入力するのが確実です。

STEP
振込先の金融機関(銀行)を指定

振込先の金融機関を選択します。

今回の例で指定されているのは三菱UFJ銀行ですね。

STEP
支店番号または支店名を入力

次に、支店名、または支店番号を入力します。

今回の例では支店名が記載されていませんが、『〇〇銀行 支店番号 123』のようにGoogle検索すれば、支店名はすぐに見つけることができます。

今回は三菱UFJ銀行の松坂支店でしたね。

STEP
【重要】依頼人名(振込名義)を編集

次が重要です。

銀行アプリで振込の手続きを進めて行くと、振込の依頼人(振込名義)にはあらかじめ自分の名前が入力されているはずです。

オンパチサイト・カジノ側で何らかのコードを入力するよう指示がある場合にはここを編集します。

今回の例では指定のコードを振込名義の前に入力するよう指定されているので

振込名義TG54321タナカタロウ

のように入力します。

このとき、自分の名前を削除してしまわないよう注意しましょう。

ネットバンキング入金方法03_振り込み名義変更
振り込み日にも注意!

振り込みを実行する日を指定できるかと思いますが、入金申請をしたらなるべく早く入金を完了させましょう。

申請はしたものの、何らかの理由でその日のうちに入金できなかった場合は、改めて利用するサイトでの入金申請をやり直してください。

実際に入金しなかった申請については放置で大丈夫です。削除やキャンセルをする必要はありません。

STEP
入金額を入力

最後に、入金する金額を入力します。

オンパチサイト側で入金の申請をしたときに金額を入力しているはずなので、申請通りの金額を入力しましょう。

今回の例では10,000円ですね。

申請額と実際の入金額が異なっていると、入金の反映に時間がかかったり、最悪の場合、反映されないかもしれないので注意しましょう。

銀行アプリによっては、【手数料は金額に含める】といったオプションがあるかもしれませんが、手数料は含めないでください。

STEP
振込を実行

オンパチサイトで指定された内容と自分で入力した内容に相違が無ければ、振込を実行して入金完了です。

たいていの場合は振込を実行してから30分以内にはアカウントに反映されます。

以上がインターネットバンキングによる入金の方法でした。

オンパチサイトにインターネットバンキングで入金するときの注意点

ネットバンキングで入金するときの注意点をお伝えします。

利用できるのは自分名義の口座のみ

銀行振込に利用できるのは自分名義の銀行口座のみです。

たとえ了承を得ていたとしても他者の名義の口座からの入金は受け付けられないので注意してください。

  • オンパチサイトに登録した名前
  • 提出した本人確認書類の名前
  • 利用する口座の名義

すべてが一致していなければなりません。

メンテナンス中の場合がある

利用するサイト側で、インターネットバンキングに限らず銀行振込の決済システムがメンテナンス中になる場合があります。

定期的におこなわれているメンテであればたいていは数時間で完了し、終了時期も明記されているはずです。

しかし、不定期なメンテ、緊急メンテの場合は数日間使えない状態になることもあります。

その場合は

  • 別の決済方法を検討する
  • 別のサイトを併用する
  • あきらめて待つ

しかありません。

サイト側の銀行振込の方式が変わることがある

サイトを長く利用していると、銀行振込の方式が変わることがあります。

クイーンカジノも、以前は【Hi-Banq】というものでしたが、現在は【Bank Transfer】という表記のものに変わっています。

銀行振込の方式が変わる

入金のやり方は基本的には変わりませんが、

  • 手数料
  • 限度額
  • 反映にかかる時間(特に出金時)
  • 適用されるドル円レート

が変更になる場合がありますので、その都度確認するようにしましょう。

インターネットバンキングでの入金方法 まとめ

以上、銀行アプリを使ってインターネットバンキングで入金(振込)をする手順を解説しました。

最初の設定が少し手間でありますが、ネットバンキングを使った入金・出金は利用者が多く、最も簡単な決済方法なのでぜひ使えるようにしておきましょう。

また、銀行アプリのログインパスワードが分からなくならないよう、管理には注意してください。

それでは、よいオンパチライフを!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次