シーフードショー大阪 Seafood Show Osaka

開催テーマ

水産物輸出拡大

日本政府が定める、2020年までの農林水産物・食品輸出目標額1兆円に向け、全国各地で輸出拡大の取り組みが拡がっています。開催地・大阪は、アジアの玄関口となる関西国際空港を擁し、西日本をはじめ、日本の輸出拠点として、大きな役割を担っています。斯様な背景から、本開催では、輸出主力品目となるホタテ、サバ、ブリ、マグロをはじめ、養殖魚、HACCP・EU HACCP取得商品、水産エコラベル認証商品の紹介に加え、海外の日本食ブームに向けた資機材を紹介する「農水産輸出支援技術」コーナーの開催、スキルアップセミナー、輸出商談会を通じ、日本産水産物の輸出拡大に取り組みます。

インバウンド向け水産商材

現在の関西経済を下支えするインバウンド効果は、2025年の大阪万博決定で、さらなる経済成長が期待されています。大阪万博の開催テーマ「人類の健康・長寿への挑戦」を受け、本展示会では、外国人に人気の高い寿司商材、日本の健康長寿を支える和食の主菜・魚惣菜、土産免税店で販売可能な土産品等々、簡易的に取り扱い可能な水産商材をご紹介します。また、ハラル・ジャパン協会協力の下、関西でも広がりを見せているムスリム向けのハラール認証食品を特集します。

西日本の地域活性化

昨今、鮮度保持技術の発達により、地方の高鮮度な魚・水産物が流通しやすくなりました。本開催でも、西日本を中心に、地域色豊かな水産加工品・地域ブランド商材が多く紹介されています。西日本を代表する都市・大阪での開催であることから、大阪寿司(押しずし、箱すし、巻きすし)や、京料理をはじめ、西日本各地の食文化に触れ、伝統的な地域料理をひろく紹介することで、西日本の地域活性化、魚食普及に取り組んで参ります。

持続可能性な水産業、SDGsへの取り組み

国際計画として制定された、持続可能な開発目標(SDGs)主要目標17のうち、「2.飢餓をゼロに」、「12.つくる責任つかう責任」、「14. 海の豊かさを守ろう」に取り組むべく、マリン・エコラベル・ジャパン協議会主催による「持続可能な漁業の認証取得セミナー」の開催、陸上養殖勉強会主催による「陸上養殖スタートアップセミナー」を開催します。開催地が西日本の中心地・大阪であることから、とくに養殖が盛んな西日本地区に向け、水産資源を守る活動に取り組みます。

省人化、省力化

漁業者、水産従事者の人手不足や高齢化により、水産業を取り巻く環境は変革の時期を迎えています。斯様な課題に取り組むべく、昨今、革新的なテクノロジーを用いた、水産業、水産加工業の生産性向上に向けた技術・サービスが続々と発表されています。 本開催に於いても、AI・Iotをはじめ、様々な機器、ロボット、サービスが紹介され、西日本の水産業にひろく情報発信することで、スマート水産業の実現に寄与し、省人化、省力化、所得向上、そして、新3K(カッコ良くて、稼げて、革新的)な水産業のイメージ刷新によって、就労者の確保に繋げるべく、取り組みます。

水産業の災害対策

2020年は阪神・淡路大震災から25年と、節目の年を迎えます。東日本大震災以降、備蓄食品として栄養価の高い魚缶詰に注目があつまり、サバブームに発展しましたが、魚原料を使用した缶詰の需要は拡大しています。本開催では、長期保存可能な缶詰、瓶詰、レトルト品を、食品売場、非食品売場へと広く紹介し、魚食普及に取り組みます。

加えて、昨今は水産業においても、各地で災害被害が相次ぎ、海陸ともに、万が一の備えが必要不可欠となっています。備蓄用燃料、電源、生簀等を紹介することで、災害に強い水産業の未来を築きます。

同時開催コーナー

水産養殖技術コーナー

水産養殖技術コーナーは、海面養殖、陸上養殖に向けた、生産性の向上、生育環境の改善、そして付加価値の創出を可能とする、さまざまな技術、機器を紹介いただく機会です。養殖業の盛んな西日本の販路開拓をお考えの、養殖技術、資機材をお取り扱いの皆さまのご参加をお待ちしております。

出展対象

  • 陸上養殖・海面養殖技術、水質管理技術、漁網・生簀、給餌機器、水中ロボット、他

来場対象

  • 漁業・養殖業、研究機関、水産試験場、水族館関係者、他

農水産物輸出支援コーナー

昨今、農水産物輸出の取り組みが広がるなか、海外の販路開拓に興味をもっているが手段がわからない、すでに輸出に取り組んでいるが情報を必要としている中小企業の輸出をサポートする技術、また世界的な日本食ブームを背景に、海外で和食店に従事している職人が求める、日本の伝統的な調理道具等々、日本の素晴らしい技術を紹介し、日本産水産物の輸出拡大に取り組みます。

出展対象

  • 鮮度管理技術、包装・物流機器、衛生管理機器・設備・技術、厨房設備・資材、他

来場対象

  • 食品製造業、食品・貿易商社、物流・運送業、市場・卸・仲卸業、他

スマートフィッシュテクノロジーコーナー

昨今、革新的技術を用いた、水産業、水産加工業の生産性向上に向けた技術・サービスが続々と発表されています。AI・Iotをはじめ、様々な機器、サービスの情報を提供することで、新3K(カッコ良くて、稼げて、革新的)な水産業を実現し、水産業の省人化、省力化、所得向上に繋げるべく、スマートフィッシュテクノロジーコーナーを開催します。

出展対象

  • 水産加工機器、包装・物流機器、水産ロボット、漁業・養殖業関連技術、他

来場対象

  • 食品製造業、漁業・養殖業、食品・貿易商社、物流・運送業、市場・卸・仲卸業、他

出展料金

1小間(W2.0m×D2.0m×H2.7m)
¥90,000 (税別)

料金に含まれるもの
  • ・システム壁(左右どちらか側面、背面)
  • ・社名板 × 1枚
  • ・テーブル(W1.2m×D0.6m)× 1台
  • ・パイプ椅子 × 1脚
基礎パッケージ

来場対象

  • 小売業
  • 通信販売業
  • 外食業
  • 宿泊業(ホテル・旅館)・集客施設
  • 中食業・食品加工・製造業
  • 給食産業
  • 食品商社・食品問屋
  • 市場・卸・仲卸業
  • 食品輸出商社
  • 物流・運送業
  • 冷蔵・冷凍庫業
  • 漁業・養殖業・組合
  • 自治体・行政機関
  • 学術・研究機関
  • 関連技術
  • プレス

出展対象

魚介類
国内外で水揚げされた天然・及び養殖魚介類
水産加工品、シーフード惣菜
切身、焼き魚、煮魚、塩干物、缶詰・保存加工製品、冷凍食品、フライ、マリネ・スモーク製品、シーフード惣菜、かまぼこ・ねり製品、海藻麺、鰹節、昆布等の各種水産加工品
調味料・食品添加物
たれ、醤油、魚醤、塩、わさび、しょうが、お酢等の各種調味料ならびに食品添加物
水産加工機器・関連装置
カッター、スライサー、ダイサー、ミキサー焼き機グリル、骨抜き機、食品充填機、洗浄機器、乾燥機、スモーク機等の各種水産加工機械・関連装置
冷凍・冷蔵機器
冷凍・冷蔵機器、解凍技術、鮮度管理技術、製氷機器
包装・物流機器・サービス
水産物包装機械、包装資材、ラベリングマシーン、コンテナ、コンベア、魚輸送のロジスティックス、定温流通技術
HACCP対策用機器・サービス、食品衛生管理機器・設備、技術
殺菌水製造装置、海水殺菌装置、紫外線・遠赤外線・オゾン・マイクロ波殺菌装置、HACCP対策用プラント・エンジニアリング設備、シャッター、シート、エアシャワー、作業着、マスク、帽子、手洗い設備、各種洗剤・各種ブラシ・薬剤、殺菌・滅菌装置、衛生管理サービス、衛生管理資材
水産業界、水産市場近代化技術
商品管理システム、市場管理システム、トレーサビリティー、水産物から機能・医薬成分を抽出する技術、水産物から抽出した成分を医薬品、美容品や機能性食品に製品化する技術、水産物から抽出した電子・電機分野に応用する製品を開発する技術、水産物から産まれた機能性商品
厨房設備・調理器具
包丁、まな板、ラップ、コンロ、電子レンジ、シンク等の厨房設備・調理器具、魚関連商品ディスプレイケース、冷凍ショーケース、各種トレイ、POP・商品展示サポート商品
寿司ビジネス
寿司ロボット・製造機器、回転すしコンベヤー、しゃり製造機器、炊飯機器、寿司店舗サポート・ビジネス
陸上養殖・海面養殖技術
養殖管理システム、水質管理・計測器、紫外線・オゾン殺菌装置、漁場・養殖場・海洋環境保全機器、濾過器・水質浄化装置・水質改善剤、水槽、活魚輸送機器・技術、飼料・栄養剤・濾過商品、漁網・生簀網給餌装置/防疫関連/種苗関連、水中カメラ、漁船・関連機器
水産バイオマス、リサイクル
水産物焼却処理施設・関連装置、魚アラ・貝殻処理施設・関連装置、生ごみ処理機、発泡スチロール・プラスチック・断ボール減容・処理施設・関連装置、排水処理施設・装置、各種廃棄物処理サービス、水産におけるバイオマス、リサイクル技術
出版物
料理本、レシピ集、図鑑

2019年開催結果

来場者分析

来場者総数

2019年2月20日(水) 8,472 (昨年度初 日8,323名)
2019年2月21日(木) 7,420 (昨年度2日目7,553名)
公式登録総来場者数 15,892 (昨年度総 数15,876名)

※来場者数は、入場時に受付にて登録いただいた方々の数です。
よって、複数日にわたってご来場いただいた方も1名としてカウントされています。

国内・地域別割合

国内・地域別割合

海外・地域別割合

海外・地域別割合

業種別割合

業種別割合

出展者分析

出展者総数

267307小間
(前回:264社303小間)

地域別割合

地域別割合

38都道府県 4カ国
(前回:38都道府県 2カ国・地域)

商談ができた来場者の業種

具体的な出展成果

具体的な出展成果

商談ができた来場者の業種

Topへ戻る