MENU

【ワードオブライツⅡ実践】打ち方は黄7狙いがオススメだがスイカ取りこぼしに要注意!

ワード_パネル

みなさん、こんにちは。ハヤトです。

今日は仕事帰りにマイホに寄ってみたのですが、遂にあの台が空いているのを発見しました。

先週の新台入替で導入されていたっぽいのですが、バラエティだったので完全に見落としていました。

さぁ、いでよ!

ワード_パネル

「ワードオブライツⅡ」!!

話題にはあがっていたので気になっていたものの、マイホにもセカンド・マイホにも導入されなかったので全く触れていませんでした。

やっと導入してもらったので、今日は「ワードオブライツ」を打っていきたいと思います!

それでは、実践開始ぃ〜!

目次

【本題の前にちょっと紹介】

クイーンで4号機_北斗の拳打ってきた

あの伝説の4号機、【初代・北斗の拳】をついに打ってきました!

オレは果たして、愛をとりもどせるのか・・・!?

こちらの実践記事もぜひご覧ください!

\初代・北斗を打つ方法も紹介/

4枚役が厄介なワードオブライツⅡ…!

ワードオブライツⅡはかつて4号機で人気となったレジェンド機種で、今回と同じノーマルタイプ機でした。

当時はアステカと同じCTが搭載されていましたが、6号機の規則ではCTは搭載不可能なので「CTという名のAT」になっています。

「ワード」とあるので、てっきり言葉がテーマなのかと思いきや、「word」ではなく「ward」、つまり地帯みたいな意味です。

よって、「ワードオブライツ」は「光の言葉」ではなく、「光の国」みたいなイメージなのかな〜っていう感じかなと。

まぁ雰囲気もファンタジー系ですし、魔法やモンスターが出てきて中二病の僕にはブッ刺さりです!

ワード_左黄7狙い

打ち方は黄7狙いと赤7狙いがありますが、リーチ目がわかりやすいのは黄7狙いかなと思います。

しかし、黄7はチェリーもスイカ扱い(同じ4枚役)なので、しっかりフォローしなければいけません。

しかも、ワードオブライツⅡのスイカはちょっと特殊で、

スイカ絵柄が2つあれば、残り1つはスイカでなくてもOK!

というプレイヤー寄りのルールがあります。

ワード_4枚役

こんな感じで4枚役が取れます。

このルールのおかげで少し目押しが楽になるのですが、

ワード_4枚役取りこぼし目

中も右もスイカがいないと、こんな風に取りこぼし目(パッと見リーチ目)が出てしまいます。

これをおさえておかないと機械割はすごく下がるので要注意です…!

まぁ僕は打ち終わってから知りましたけどね(汗)

どうしてリーチ目なのに当たってないのか、不思議で仕方ありませんでした…

さて、気になるリーチ目ですが、左リール上段に2連黄7の下の黄7を押していれば、

ワード_左リール上段黄7

左上段黄7からは5枚ベル(共通ベル)とリプレイ、ハズレ。

ワード_左リール上中段黄7

1コマスベって上中段に2連黄7停止で10枚ベル(2択ベル)。

ワード_左リール下段黄7

2コマスベって中下段に2連絡黄7、さらに下段に上の黄7が停止でスイカ。

10枚ベルとスイカの停止形で小役がハズれた場合は、実践上ボーナスです!

ここまでおさえておけば、通常時は特に不自由なく打てるのではないかと思います。

後は演出を楽しみながら、出目をチェックすると良いかなと!

それではずいぶん長くなってしまいましたが、早速打っていきましょう!

ワード_スイカハズレナビ

打ち始めてから150G、そろそろ動きがほしいと思っていたところでチャンス到来!

これはスイカorハズレのナビ演出ですね!(写真撮ると斜めのラインが入ってしまいます…

スイカハズレのリーチ目が出れば文句ないですが…

ワード_ハズレ

ハズレ(涙)

どうやらナビ演出は同じ絵柄が並ぶパターンがアツアツのようです。

ワード_ルーレット発展

続いては、リプレイから魔法陣が完成し、演出に発展!

ワード_ルーレット中

下から7を引っぱり上げればボーナスですが、左リールは10枚ベル対応の出目です!

ベルを否定すればボーナスですが…

ワード_ベルテンパイせず

ベル非テンパイィィィイイイ!(歓喜

ワード_ルーレット成功

そして演出も見事引っ張り上げに成功!

出目と演出のコラボが堪りませんね!

ワードオブライツのビッグ中は2コマ目押しでCT突入を狙う!

ワード_WIN

見事なリーチ目でボーナス確定となったわけですが、なんとワードオブライツは、

ボーナスはビッグオンリー!

となっております。

しかも黄7揃いと赤7揃いの2パターンなので、すごくアッサリしています。

演出もアッサリ系なので、ちょっとしたざわつきもチャンスになるのがワードオブライツⅡの良いところ!

ワード_黄7ボーナス

今回は黄7のビッグボーナスでした!

さて、ワードオブライツは技術介入により設定1でも機械割は101%となりますが、その技術介入はビッグ中に発生します。

ワード_中を狙え

この魔法陣を狙え!演出が来たら、2コマ目押しで止めるだけ!それだけでOK!

2コマ目押しなので、気軽にチャレンジできます!

ちなみに目押しの恩恵は、「CT突入率アップ」です。

魔法陣を止めるたびに、液晶には魔法陣が8つある箱にストックされていきます。

ボーナス終了後、ルーレット演出が発生し、魔法陣で止まればCT突入となります。

箱は8つなので、魔法陣1つあたりの期待度は1/8、12.5%です。

魔法陣ストックは毎ゲーム抽選なので、8回ストックできれば即ちCT確定!

ただし目押しミスは救済がないので、確実に仕留めていかなくてはいけません。

以前、7つストックした後の8つ目でミスしてしまい、CT突入できなかったと尊敬する中武一日二膳さんが仰っていたので、要注意ですね。

ワード_中押し成功

自分はというと、しっかりと2コマ目押してきているようで、

ワード_魔法陣4つ

4回全て成功でCT突入率は50%!

ちなみにルーレット演出には低速になるタイミングや、何周するかなどによってパターンがあり、初代を踏襲しているとのこと。

しかし自分は全く覚えてないので、ただただルーレットを見守り、

ワード_終了

非突入で泣く(涙)

悔しくて追ってみたものの、150枚のコインでは引き戻すことはできず、全て飲ませて実践終了となりました。

まとめ

それでは、今日の実践結果です。

  • 投資:250枚
  • 回収:ゼロ
  • 結果:250枚のマイナス

今日は「ワードオブライツⅡ」の初実践でしたが、残念ながら初勝利とはなりませんでした。

しかし打感はとても良く、CTに入ればやれそうな予感がしましたね。

設定1でも機械割101%あるので、また近いうちにリベンジしたいと思います!

それではまた、次回の実践でお会いしましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次